初心者のためのロードバイク入門

ロードバイクをはじめたばかりの方向けの練習方法などを紹介しています。

メニュー

ロードバイクって何?

初めてのロードバイク
の選び方

ロードバイクの利点

バイクのサイズ

ロードバイクは
突然やってきた

目覚めてしまった
ロードバイク

初心者が押さえるべきポイント

みんながんばれ〜!

 

初心者へのアドバイス





ロードバイクははじめてですか?


どんなバイクがあなたに向いているのか、どんな装備が必要なのかわかっていますか?
トレーニングについてたくさんの情報が一気に入ってきて混乱していませんか?
もし悩んでいるのなら、あなたはとてもラッキーですよ。
だって、ドキドキワクワクの冒険がこれから始まって、さらには健康的なヘルシーらーふが待っているんですから。
ロードバイクがあなたをとても素敵な自然な世界に連れて行ってくれるのです。

始めは、選択肢の多さに戸惑ってしまうかもしれませんがいくつかのアドバイスがあれば、すぐにあなたに適したロードバイクが見つかりますよ。
ショップでは、最初のころは、店員もあなたが初心者であることがよくわからなかったり、製品が多すぎて、居づらいこともあるかもしれませんが、すぐ変わってきますよ。


ロードバイクを始めるあなたのために、できるだけ早く乗り始められるように簡単ポイントをお教えします。
ロードバイクには、以下のポイントがあります。



○装備(ペダル・バーテープ・ヘルメット・ライト・タイヤ、等)の選択
○乗る時の服装
○栄養補給法
○トレーニング法
○一人の時と複数の時での走り方



まずはロードバイクを初めて購入するときのポイントを教えます。 これが一番難しいポイントかもしれません。 まずは、予算。
どれくらい準備すればいいのでしょう。
こればかりは人によって大きく意見は分かれます。

先日あるサイクリストと会話しました。
その方は非常に高いバイク(ピナレロのプリンス、カンパニョーロのスーパーレコードのコンポーネント、ライトウェイトのカーボンホイール)を使っていました。
私は高価なサラブレッドようなそのイタリア製のバイクをじっくり見た後「さぞ乗り心地はすばらしいのでしょうね」と聞いてみました。

その人は、オークリーのジョウボーンというサングラス(これまた効果)をかけながらこう言いました。
「実はよくわからないんです。初めてで、まだ1週間しか乗ってませんから」

これを聞いて、自分の傷がいっぱい入ったトレーニング用のアルミ製バイクから転げ落ちそうでした。

また一方で、パナソニック製の20年前のフレームにアルテ蔵のコンポーネントを搭載したベテランの優れたライダーも知っています。
どれぐらいの値段が適当なのか、これはあなたの予算次第です。


ですが、あまりに安いものはあまりお勧めできません。


その理由は、サイクリングが本当に楽しくなってしまったら、あなたはきっとその安物がすぐに嫌になってしまうからです。
4年前、私は10万円でシマノのティアグラを搭載したトレック1000を買いました。
今でも雨の日用として使っています。
さすがにコンポーネントはもっと頑丈なシマノ105に変え、ホイールも交換しましたが、乗り心地がよくて愛用しているんです。
最近価格が上がってきているのですが、私なら初めてのロードバイクだとしたら15万円から35万円あたりのおバイクにします。
その他ペダルや靴も購入することも忘れないで。
もう一歩優れたバイクにしておきたいなら、さらに2万円くらいの予算を積めば手に入ります。
ヘルメットは8千円〜1万5千円くらいはします。


それくらいなら予算は気にしなくていい、っていうならさらに高品質のバイクを購入することもできます。
ただ、あまり高額になると、始めた後に、あまり楽しくないと感じたときに飾りになってしまうわけですが、飾りにしては高くついてしまうのが心配です。
もし本当にやってみたいなら、サイクリングは自分に合っているもっと楽しみたいと感じられた後で、徐々にコンポーネントを交換して質を上げていくことがいいでしょう。

効果の高いパーツはホイールです。


ホイール交換は間違いなくアップグレードを体感できるでしょう。